壁面緑化とはどのようなもの!?実際に挑戦してみましょう

壁面緑化とはどのようなものでしょう

壁面緑化とは、緑の植物で建物の壁を覆うことを言います。夏の暑い直射日光から建物を守ることができ、室内の温度の上昇を抑えたり、冷房の設定温度を下げることができるという効果があります。植物の間をすり抜ける風は涼しく感じ、暑さ対策として良いものです。また、外から中を見えなくするプライバシー保護の役目のあり、小さな子どものいる家庭や大通りに面している家庭に最適です。さらには植物は酸素を放出するので地球にも優しいものとなっています。

壁面緑化をしてみましょう

壁面緑化は別名「緑のカーテン」とも呼ばれていて、植物によって壁や窓を覆います。その時に使われる植物としてはつる性の植物が良いでしょう。ゴーヤーやキュウリ、トマト、ナスなどがよく利用されています。網や棒などをたてると、つる性の植物はそれに沿うように伸びるので、少ない数でもたくさんの面を覆うことができます。上へ上へと伸びていく習性を利用して真夏になる頃には壁や窓などの全体を覆うことができるようになるように植えると良いです。

いろいろな良いことがあります

壁面緑化に使われるつる性の植物の多くは実をつけます。実際に自分でそれらの植物を種から植えて収穫をすることで子どもに植物の生長を観察させることもできます。また、収穫した実を使って料理をしたりと食育につなげることもできます。自分で植えて育てた食べ物はとても美味しく感じ、それらの野菜が苦手な子どもでもたくさん食べることができたりするものです。壁面緑化は暑さ対策と同時に子どもの教育にも役立つ大変優れたものです。

アサガオやゴーヤつたなどを植えて壁面緑化することにより、建物が直射日光を受けないことによりあまり熱くならず、エアコンの電気代がかからなかったり、心理的に落ち着いたりとメリットがあります。